川端裕人さんの「みんなのPTAを探して」(「婦人公論」連載:2007/4〜2008/3)のバックナンバーを「ブログ版」として公開しています。(著者公認)
 はじめていらっしゃった方は、まずは著者本人の「ごあいさつ」をお読みください。
管理人:Pさん
 

2008年10月17日

「みんなのPTAを探して」が本になりました

本ブログにて紹介してまいりました雑誌連載「みんなのPTAを探して」(婦人公論2008.04-2008.03)が、書籍化されました。

中央公論新社の新書ラクレのシリーズより「PTA再活用論──悩ましき現実を超えて」と題して、かなりの改稿を加えた上で、上梓ししました。

書誌情報。
「PTA再活用論―悩ましき現実を超えて」 (中公新書ラクレ294)
  単行本: 238ページ
  出版社: 中央公論新社 (2008/10)
  ISBN-10: 4121502949
  ISBN-13: 978-4121502940
  発売日: 2008/10
 
まとめるにあたって、きんちんと一本芯を入れ、議論を深め、整理しました。格段に読みやすく、また、「役に立つ」ものになったと自負しています。書籍化とはいえ、新たに書き下ろした気分です。
様々な面で認識も深くなっておりますし、連載を読んでくださった方にも是非、手に取ってご覧いただければと思います。

この件について、拙ブログにてこのようなエントリも書いていますのでご参考まで。

あえて、自分で申し上げますが、PTAについて悩みを抱える総ての方にとって、読む価値のある本です。

気に入ってくださったら、ぜひ、お友達にも紹介してあげてくださいね。

よろしくお願いたします!

川端裕人
【関連する記事】
posted by カワバタヒロト at 18:28| Comment(5) | TrackBack(0) | 著者よりお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変参考になる本でした。ますますのご健闘をお祈りしています。
Posted by システムトレード at 2009年03月05日 15:31
PTA活用論読んでも思うんですが、地域によって温度差ってあるんですね…今度引っ越しするんで参考になります。
Posted by 詰め替えインク at 2009年05月03日 05:50
世田谷区の小学校で1年のときに学級代表をやり、PTA変革の必要性を強く感じ、現在4年で再び学級代表になり、少しずつ賛同者を増やしている段階です。
川端さんのブログと本を読み、まるで同じ考えの人がいたと驚いたり、うれしかったり。
周りの人にも勧めていたところ、役員さんが川端さんの本が役員宛に送られてきたと報告があり、現在回し読みをしてもらっている最中です。
川端さんの学校でのPTA改革は現在どんな具合ですか。
もしよろしければ、ぜひ一度お会いしてお話を伺いたいと思っています。
突然の不躾なコメントで失礼しました。
Posted by 林 at 2009年06月10日 14:44

お疲れ様です。
これからも頑張って下さい。
Posted by 音楽男 at 2009年07月31日 11:29
私もPTAの変革を必要だと感じています。
勉強になりました。
ありがとうございました。
Posted by レーシック at 2010年11月22日 20:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108227843
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。