川端裕人さんの「みんなのPTAを探して」(「婦人公論」連載:2007/4〜2008/3)のバックナンバーを「ブログ版」として公開しています。(著者公認)
 はじめていらっしゃった方は、まずは著者本人の「ごあいさつ」をお読みください。
管理人:Pさん
 

2008年05月23日

第23回 新人役員、1年目の総括!


本家関連エントリー
 最終回!(和田中のPTA廃止の話題も) (2008.3.24)
 婦人公論のPTA連載、最後の二回! とにかくこれでおしまい! (2008.5.23)


 定期的に「仲間」の顔を見て、一緒に仕事をするというのは、すごく健全なことだ。
 ましてや子どもの育ちと学びに直接貢献できるなら、なおさらのこと。
 この1年間、へろへろになりながらも、かつて一人だけで黙々と文章を書くだけだった日々に比べて格段に精神状態がよいのも事実なのだ。


■ 2007年を数字で振り返る


 連載も最後なので、自分自身の1年間のPTA活動の報告および感想。

 4月に役員の任期が始まってから「航海日誌」のつもりで、日々の活動を書き留めている。学校やその他の会合への「出動日数」や「活動時間」はほぼ正確にわかる。これまで基本的に、取材した内容をもとに連載をつないできたけれど、その根っこにある自分自身の「PTAの1年」を総括してみてもいいかな。
    
 まず、すべての始まりの4月。

 入学式、新入生の保護者の前で「PTAについての説明」をしたのが、いわば初仕事だった。時間はわずか1分で、具体的な活動内容について述べられるはずもなく、とにかくPTAとのファーストコンタクトを「いやな記憶」にしないために、スマイル、スマイルで「一緒にやっていきましょー」と述べたと記憶している。「参加は自由なんですよー」と言えないのは心苦しかったけれど。

 そして、PTAの実務の開始。

 実をいうと、4月、5月の記憶は「真っ白」だ。あまりよく覚えていない。年度替わりでただでさえ業務が多いのに、こちらはみな「新人」である(役員の「全とっかえ」はPTAでは珍しくない)。右も左もわからないところに、教育委員会やら、PTA連合やら、区役所やら、警察署やら、ありとあらゆる方面から書類が連日ばたばたと届いて、目を白黒させながら処理に追われた。

 メモによると、4月、始業式以降の平日は、たった1日をのぞいて、すべてPTAの仕事で出ている。ゴールデンウィークで一息ついたものの、5月も運営委員会や総会で忙しく、学校通いの日々だった。数字を挙げるなら、出動日数と活動時間は──

 4月 17日・40時間
 5月 14日・37時間

 といった具合。

 ぼく自身の感覚として、この数字は、子育て現役世代の親が、ボランティアで引き受けるものとしては重すぎる。なかには「この程度?」という感想もあるかもしれないけれど、ぼくがこれまで人に見せたかぎりでは100パーセント「こんなに??」と驚かれた。やった人にしかわからないことがあまりに多いとはいえ、せめて数値化できる部分だけはきちんと数字で示そうと思った次第。

 誤解なきように言っておくと、ぼくが特別、役員の中で働き者というわけではないし、ぼくが知っている他校の役員さんも、「うん、だいたいこんなもの」という反応が多い。少なくとも世田谷区や近隣地域では普通のことなのだと思う。

 今になって、当時の「真っ白」になってしまった心理を分析すると、あまりに知らないことばかりで「学校に顔を出さないと不安だった」というのが大きい。そして、実際に行ってみると、処理しなければならない仕事が山積みになっており、とにかく走り続けた2ヵ月だった。

 とはいえ、その2ヵ月が終わって楽になったかというと、それはまた別問題。

 6月 18日・30時間
 7月 15日・33時間
 8月 5日・23時間

 うーん、けっこう働いている。一体なにをしていたかというと……2学期以降の活動の仕込み、といったところ。たまたま大きな学校行事があったし、またPTA連合のスポーツ大会の「ブロック大会」開催担当でもあった。手探りしつつ、話し合い、準備を進めた。ちなみに、夏休み中の8月にもけっこう出ているのは、区の教育フォーラムだとか、地域の教育研修会といったものが、ここぞとばかりにあったから。

■ オーバーヒートになった年末


 そして、2学期。

 2学期というのは、期間の長さといい、活動の密度といい、学校教育のキモではないか。だから、当然、PTAも走る。

 9月 13日・27時間
 10月 15日・33時間
 11月 15日・52時間
 12月 14日・40時間

 夏休み明けで寝ぼけまなこだった9月が終わると、トップギアに入り、11月、12月は、オーバーヒート。費やした時間の長さだけでなく、土日に出なければならないことが多く、つらかった。この期間の土日34日のうち、実に半分、17日も週末にPTAの仕事があった。土日両方つぶれたこと6回。2週連続で、なんてこともあったっけ。

 理由は、やはり行事の多さにつきる。とにかく目の前のことを処理し、それが終わったらまた次の行事が近づいている。心も体も休まる瞬間がなかった。そんななか、子どもの笑顔に触れられる充実した活動もできたと自負しているのだけれど。

 それにしても……やっぱり、やりすぎだ、とわれながら思う。4月の時点では、初期のバタバタを乗り切ればなんとかなると思っていたけれど、決してそんなことはなかった。充実感の後には、疲れきった「抜け殻」感も襲ってきたし、当然のごとく仕事にも家事にも支障があった。自分自身の子どもたちに申し訳ないと思ったのも一度や二度ではない。さらに行事に忙殺されるあまり、PTA業務としてみても運営委員会などの通常運営が雑になったり、丁寧にやりたいぼくとしては、しんどかった。  

 この原稿を書いている時点では、現在進行形の3学期。

 1月 11日・29時間
 2月以降は集計できず。

 2学期に比べるとずいぶん穏やかな日々が続いている。寂寥感が漂うのは、今年の「チーム」がもうすぐ解散してしまうこと。苦楽を共にしてきたからこそ醸成される信頼感というのがあって、ぎゅっと凝縮された1年が終わってしまうのが名残惜しい。

 と感傷的になるのは、早い。

 ぼくが抱いてきた、PTAについての期待と不満が、この1年間の体験、そして、かなり時間をかけた各方面への取材を通じてどう変わっていったか、少し頭をクールダウンしてまとめておく。

■ 学校は異文化交流の場



 まず先にネガティヴな部分。

 なにはともあれ、大変だった。
 以上。(笑)

 語ることが困難なほど、疲労困憊した。

 何が、と問われても、やった人でないとわからないという思いが強くなる。だから、やはりここでも数字。単純に足し算すると、4月から1月まで10ヵ月のPTA活動日数と活動時間は──137日、344時間だ。

 どうだろうか。自分で足し算しておいて、くらくらしてしまった。

 PTA活動を敬遠し、特に役員なんて絶対にやりたくない! と思う人はある意味正しい。これをこなせるのは、経済的不安がなく、自分や家族の心身の健康が保たれ、家庭や職場の理解がある、ごくごく一部の人たちだけだ。そして、その条件を満たしていても、激務や人間関係のせいで体調を崩すことだってありうる。報われたと感じられる場面が少ないのもつらい。学校に来ない保護者にしてみれば、役員がどれだけの時間を費やしているかわからないし、また、知ったとしてもなんでそんなに用事があるの? ということになりがちなのだ。

 だから「文句言うならみんなやってよ!」と言いたくなる瞬間もあるのだが、その方向に進むと悪循環が始まる。本来、義務ではないものが義務になり、どんどんきつくなっていく。その構造を見ないまま「みんな一緒に!」と悲痛な叫びを繰り返すだけなら、やはり一度、PTAは壊れてしまったほうがいい。このあたりは、まさにぼくが一貫して述べている「自由な入退会」にかかわることでもあって、この1年でますます確信が深くなった。PTAの「義務と強制と負担の機関」としての顔は、とてつもなく頑強だから、「本当は義務ではない」と強調して強調しすぎることはない。

 一方で、ポジティヴな面。これだけ書いておいて、PTAを肯定できるのか、と言われるかもしれないが、実に簡単にできる。どんなものにも光と影があり、さっき述べたのはその影が一番濃い部分。

 ぼくがPTAから得た一番大きなものは、学校教育への理解が深まり、子育てや教育について考えるための新たな足場を得たということ。PTA活動の効用として「学校がよくわかるようになる」と言う人がよくいるけれど、それに近い。

 義務教育の公立校は、さまざまな価値観が交錯する場所だ。先生たちは、教育者としての価値観をまずしっかり持つことを期待された上で、多様な価値観に晒される。「先生は大学を出てすぐ先生と呼ばれるので世間知らず」「社会常識がない」といった批判的な物言いは、時々、正しいかもしれないけれど、実際は批判者の側の「常識」のほうがもっと狭いこともある。

 ぼくの場合、学校は異文化交流の場だと理解したとたん、日々、子どもたちと向き合い、生活指導から授業まで、継ぎ目なくこなす職能者としての先生たちへの敬意が芽生えた。すると学校教育と家庭教育の間で、補完しあうべきものも見えやすくなってきたし、かりに学校の方針に不満があったとしても、大枠として理解しうるものであるかぎり、無理なくこちらで微調整する余裕と覚悟(?)もできた。この件については、杉並区立和田中学校藤原和博校長との共著『バカ親、バカ教師にもほどがある──子ども化する大人たち』(PHP新書、ぼくは「聞き手」として参加)でも述べた。

 もう一点は、社会貢献についての意識が変わったということ。自分の子どもの面倒をみつつ、自分の仕事をこなし、そのうえで、月に40時間、50時間、「搾り取られる」体験をしてしまったぼくは、もう大抵のことには驚かない。さすがにこの水準でPTA活動に時間を使うのは、もうやめにしたいが、月に10時間から20時間なら、むしろ望ましい。定期的に「仲間」の顔を見て、一緒に仕事をするというのは、すごく健全なことだ。ましてや子どもの育ちと学びに直接貢献できるなら、なおさらのこと。PTA活動は、その機会を与えてくれる。この1年間、へろへろになりながらも、かつて一人だけで黙々と文章を書くだけだった日々に比べて格段に精神状態がよいのも事実なのだ。
 

■ 来年度も楽しみです!


 というわけで、総括。

 やはり、PTA活動の最大の問題は、義務・強制・負担、だ。
 義務ではなく、権利だと言いたい。
 強制ではなく、機会だと言いたい。

 負担は今の半分以下、できれば3分の1くらいに減らしたい。そのあたりが、今の「現役保護者」にとっての限界レベルだと勝手に思っている。

 そのためには……できるだけオープンなPTAにならねばだめだ。

 実はPTAも異文化交流の場であり、違う文化の「相互学習」の場でもある。今は「専業主婦」的な女性がコアな仕事を担うのが当たり前になっているけれど、もっと広く人材が入ってこられるようにしないと、この先立ち行かない。

 だからこそ、義務でも強制でもないことを制度的に保証しておかなければならないし、同時に「やりがい」を感じられる活動にしていかなければならない。これらは両輪であり、どちらがなくても転がっていかない。 

 なぜか毛嫌いする人が多いパソコンの活用だって慣れていかないと、企業社会に身を置く保護者とのギャップはどんどん深くなる。それ以前の問題として、自分たちの子どもたちとのジェネレーションギャップも大変なものになるだろう。

 こういったことが、今のPTAではやりにくい。できそうでできない。子どもの育ちと学びにかかわり、みずからも成長したいと願う大人たちを、受け止める懐の深さが、あるようでないのだ。別のところで深くなりすぎてしまって、それこそ活動する者は深みにはまる。本当に、今のPTAはつくづく「惜しい!」と言いたい。

 この連載でも述べた「カワバタ私案」(第18回)がいきなり実現するはずもないのだが、やっているうちになんとかなるかな、という気もする。つまり……来年度もまたPTAにはかかわるわけです。性懲りもなく。

 次の航海はどうなることやら。通常の物書きとしての仕事もきちんとやりたいから(昨年は崩壊状態)、不安はあるものの、やっぱり楽しみ! でもある。

著:川端裕人
(婦人公論 2008.4.7 掲載)

PDF版注釈
 この文書は、川端裕人が中央公論新社の「婦人公論」誌上にて、2007年4月より1年間にわたって連載した(文書作成時は連載中)、「みんなのPTAを探して」をPDF化したものです。多くの人に読んでいただくために、ブログ・リヴァイアさん、日々のわざ にて公開することにしました。このままの形であれば、自由に複製・配布してくださってかまいません。
 なお、このPDF版は、入稿時の原稿を元にして、体裁を整えたものです。誤字脱字などの誤りは、多く残っており、また、細かな点で、雑誌掲載時とは違う部分があることはご承知置きください。
川端裕人

posted by Pさん at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。