川端裕人さんの「みんなのPTAを探して」(「婦人公論」連載:2007/4〜2008/3)のバックナンバーを「ブログ版」として公開しています。(著者公認)
 はじめていらっしゃった方は、まずは著者本人の「ごあいさつ」をお読みください。
管理人:Pさん
 

2007年10月23日

第3回 エキサイティングなPTA史


本家関連エントリー
 エキサイティングなPTA史 (2007.5.7)
 エキサイティングなPTA史(婦人公論連載PDFその3) (2007.10.16)

 無駄にも思える労力と、無意味に思える熱意を注ぎ込まれて、また、時に空回りさせつつも、PTAは20世紀を生き抜き、今日も続いている。文句たらたらな人がたくさんいる反面、何かを得たり、自ら成長する人もいる。その歴史には、矛盾を原動力にした、人の思いのダイナミックな発露を見いだせる。

■ 大人の学びの場として出発


 歴史は大事だ。一見、非合理、不合理に見えることでも、何十年前の「先輩たち」が、その時その時に真剣に考えた結果であることが多い。だから、今のPTAを素描する前に、歴史の勉強。『日本PTA史』(日本図書センター刊・PTA史研究会編)とウェブでも読める「日本PTA50年の歩み」(日本PTA全国協議会)も参考にしつつ、PTAの歴史についてまとめておく。

 これが、実にエキサイティングなのだ。捻れや矛盾に満ちており、にもかかわらず、ダイナミックに「戦後」から新世紀へ受け渡されてきたものとして、ぼくはある種の畏敬の念を抱かざるを得ない。

 日本でPTAが発足したのは終戦直後だ。とすると、自動的に想像する人もいると思うのだが、背後にはGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)がある。
 1946年、来日した米国教育使節団がまとめた報告書の中で、PTAの必要性が説かれた。いわく、

学校はまた、成人教育を振興するための潜在力であり……両親と教師の会の強化、討議や公開討論会のための校舎開放などは、学校が成人教育に提供しうる援助の2、3の例にしかすぎない。

 ここでは子どものためというよりも、むしろ、大人の学びの場(成人教育)として言及されていることに留意したい。

 さらに、翌47年、極東委員会(連合国の最高決議機関)も同様の指摘をして「父母と先生の会の結成を奨励すべし」と指令を出した。

 これらを受けた当時の文部省は「父母と先生の会委員会」を設置し、「PTA結成の手引き」を公表した。1年後の48年4月には全国の小学校・中学校の7割にPTAがあったというから、凄まじい普及ぶりだ。さらに2年後には9割になり、日本は間違いなく世界屈指の「PTA大国」になった。

続きを読む
posted by Pさん at 20:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第2回 任意加入≠ェ前提ってホント?


本家関連エントリー
 婦人公論のPTA連載第2回、任意加入のこと (2007.4.21)
 任意加入が前提って本当?(婦人公論連載PDF第二弾) (2007.10.15)

 ぼくが強制加入が気にかかるのは、単に間違っているからというわけではなく、それが「不寛容」だからだ。本来、個々人が選択するはずのものがいつのまにか義務だと信じられ、人を追い詰める仕組みの根幹に「強制加入」があるのではないか。

■ 自動的に引き落とされる会費


 保護者として、つまり、会員としてかかわるPTAでの、最初にして最大のカルチャーショックは、強制加入(自動加入)の問題だった。

 PTAは「親と教師の会」であり、同じ志を持った者が集まった自主的団体のはずだ。ところが、参加の意思も問われず、入会届を出すこともないまま、いつの間にか会員になっていた。
 おまけに、給食費のためにつくった口座から会費が自動的に引き落とされる(当時)。口座を作る時の案内にその旨書いてあったのかもしれないが、入会した認識がなかったので目に入らなかった。いずれにしても、暴力的に感じてしまう。

 考えてもみてほしい。この世の中で、なにかの団体に本人の意志とは関係なく所属させられることがどれだけあるだろうか。「結社の自由」など基本的人権にかかわることなので、よほどの理由がないと「強制加入」は認められないはずだ。いや、別にそういう理屈ではなく、とにかく、非常に息苦しいし、胸が痛い。

 胸の痛みについてのささやかな具体例。

 PTAに入ると、日本PTA全国協議会(会員1100万人)にも自動的に属してしまう。この団体は毎年、テレビ番組の「ワースト」(子供に見せたくない番組)を発表する。その中には『クレヨンしんちゃん』が含まれるが、ぼくは「しんちゃん」が好きだ。映画の『モーレツ! 大人帝国』など感涙ものであり、ぜひ子どもと一緒に観たいし、実際に何度も観ている。それをワーストに選ぶ側に、自分で決めたわけでもないのに立たざるを得ない……。
 あまりにも些細だと思われるかもしれないし、実際、適切な例ではないかもしれない。でも、胸が痛くてならない。

 PTAの「先輩」に相談しても、聞いたこともないと首をひねるばかり。そんなこと考える方がおかしいと言われたこともある。これがPTAの壁ってやつか。

 解せないのは、こういう仕組みが、なぜ当たり前のように続いているのかだ。もはや、無関心ではいられない。ただ「強制」であるだけで、何か大事なものを売り渡したような気持にさせられるのだからたまらない。ちゃんと、調べてみるしかない。

続きを読む
posted by Pさん at 17:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第1回 そんなのやらされてるの?


本家関連エントリー
 PTA連載、はじまります!@婦人公論 (2007.4.7)
 婦人公論連載をPDF化します。 (2007.10.12)


 この連載では、「みんなのPTA」について考えてみたいと思っている。

 ぼくの身の回りにはキャリアとして働いている女性が多いのだけれど、子供が小学校に入った途端に、彼女らがぶち当たる壁はPTAだ。耳を傾ければ不満たらたら、子供の就学を控えた「未体験」の母親の場合は不安にはち切れそうになっていることもある。
 それは時としてその人の人生に強烈なトラウマを残すほど強烈な体験をもたらすらしい。その一方で「心配するよりも参加した方が易し、やって良かった」といったポジティブな体験になることもある。

 両方とも本当のことだ。

 PTAは人が人生の中で出会う最低最悪の組織にも、燦然と光り輝くすばらしいものになり得る。そして、どうでやるなら素晴らしいものに近づきたい。それこそ、「みんなのPTA」と胸を張って言えるようなものに。
 そのためには、PTAという組織がなんのためにできて、今どのようなしくみで動いており、どんな問題を抱えているのか、時間軸を行ったり来たりしつつ、同時に幅広い視野を確保して、議論を進めなければならないだろう。それはおいおい着手する課題。

 けれど、最初の最初に書かなければならないのは、やはり個人史的な部分だ。ぼくがPTAについて語りたいと願う動機、それも現役のPTA活動をしている今、あえて語りたいと願っているのが、その根っこの話。

続きを読む
posted by Pさん at 16:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。